緊急手術実績

図1は2006年以降の下部消化管外科における緊急手術件数の推移です。
2016年の緊急手術件数は41件でした。
昨年は待機手術件数が増加し、緊急手術件数は減少しました。
図2は2016年の緊急手術の内訳です。緊急手術を必要とする患者さんは、重症の方が多く、ICUにおける術後の集中的治療も必要とする頻度が高いです。

緊急手術件数の年次推移

2016緊急手術件数の年次推移

緊急手術の内訳